ビール券は定番のギフトに最適!使い方と店のルールについて紹介

ビール券は定番のギフトに最適!使い方と店のルールについて紹介

実はとっても便利なギフト券!ビール券の使い方

荷物を受け取る

近年では、お歳暮やお中元、ちょっとしたお礼の品として、ギフト券のやりとりをすることが多くなりました。贈られた人自身が買うものを選べる自由度の高さが人気の理由ですが、時には全く知らないギフト券をもらう機会もあります。ビール券やお米券は、初めての方はちょっと戸惑ってしまうものですが、実はとてもお得な使い方のできるギフト券です。

ビール券は、日本全国でビールはじめお酒を購入する際にお店で使えるギフト券です。券面を見ると、何何mlのびん(缶)何本とお引替え下さいと、何やら指定がきつい説明にもとれますが、実際には左下にあるコードの最後の4桁が利用できる額面です。0500で終わっているなら、500円分のお酒類の購入に使えます。また、右側には使用期限が明記されていますので、この期限前に利用するようにしてください。

ビール券の利用方法は、各店舗により異なるのですが、アルコール類を一点含んでいれば、他の食品を購入するのにも使える場合が多いです。例えば梅酒とおつまみ2種類、合計650円のお支払の一部をビール券で支払うことができます。ただ、まれにアルコール購入分のみにしか使えないお店もありますので、あらかじめ支払い前にサービスカウンターやレジで確認しておくと、安心です。