ビール券は定番のギフトに最適!使い方と店のルールについて紹介

ビール券は定番のギフトに最適!使い方と店のルールについて紹介

ビール券は四季折々どの場面にもピッタリの贈り物

ビールを持つ

日本には四季があり寒暖差があるので、季節により味わいたい旬があります。熱い時には冷たいものを食べて、体を冷やすことによりリフレッシュします。寒い時には温かいものを食べてほっこりします。ビールは基本は冷やして飲むものですが、どんな気候の時も飲みたくなるものです。ビール券は季節に関係なく使えるギフト券なので、常に用意しておくと重宝します。

お礼の気持ちを伝えたい時、相手や時と場合よって金額に悩む事が多いです。ビール券なら、金額が小刻みで調節できる為、少額からまとまった金額まで対応できるので、使い易いです。ある程度の年齢になってくると、咄嗟にお礼の気持ちを表したい状況に出会うこともありますが、ビール券で渡すと仰々しさが薄れて、渡す方も受け取る方も挨拶感覚で授受できます。

お礼や挨拶を形であらわすのは大変難しいです。季節感も大切ですし、相手に負担を与えてしまう程の額や、的外れなものを渡すと不快感を与えてしまいます。現金とギフトの中間的なアイテムがあれば、こちらの気持ちを的確に伝え易いです。どの季節でも、日常生活のいろんな場面、状況でも贈る側の気持ちをスマートに伝える事がビール券を使用することで可能となります。

ビール券は誰もが喜ぶ定番のギフトとしてオススメ

ビール券というものをご存知でしょうか。自分がビールを飲まない人であれば、あまり馴染みのない響きかもしれませんが、これはお酒を販売するお店でお得にビールと引き換えてもらえるというもので、人に贈るギフトなどとして非常に選びやすいものです。ビールが好きな人は多いですし、貰って困るようなものではありませんから、贈る側としては無難なチョイスであると言えるでしょう。

ビール券の素晴らしいところは、貰った人が自由に好きなビールを選ぶことが出来るとことです。通な人であれば、同じビールでも銘柄へのこだわりがあったりするものですから、選択の権限が送った相手に委ねられるビール券は、ギフトとしての使い勝手がたいへんに良いです。それはある意味で、カタログギフトを贈るような感覚と似ているのかもしれません。

ビール券を贈るような相手であれば、お酒好きでしょうから、どこでこの券を使えるかなどということは、わざわざ伝える必要もないのかもしれません。ビール券は、酒屋は勿論、名の知れたチェーンショップやバラエティショップなどでも、お酒を扱うお店であれば使えることがあります。贈る相手の生活県内にあるお店で、どこで使えるのかを予め伝えてあげても親切で喜ばれるでしょう。

改まった席での贈り物におすすめのビール券

冠婚葬祭などの公式な行事では、何かしらの贈り物を用意する必要が出てきます。おめでたい席では、ある程度自分らしさを出してもいいのですが、しめやかなお見送りの場では、かさばらず、かつ実際に役立つものとしてギフト券を用意するのがおすすめです。万人受けのする券を選ぶなら、全国の酒屋さんやスーパー・コンビニでも使える、ビール券が大変便利です。

日本の伝統的なお通夜・お葬式では、長く参列者にお酒がふるまわれてきました。この風習を踏まえても、お酒を買うのに利用できるビール券を贈るのは、とても自然な流れと言えます。ビール券とはいうものの、実際にはアルコール類であればどんなお酒を買うのにも利用できるお店があるようですので、汎用性の高いギフト券です。ただ一点注意したいのは、有効期限が決まっている事です。正規取り扱い店であれば、かなり先の期限入り券が購入できます。

ビール券は、ビールとの引き換えを基本的な目的としているため、額面が少なくても改まったものを用意したいような場合、多くの方に贈る場合に最適です。もう少し額面を増やしたい場合はビール券を複数枚同封するか、あるいは同じ発行元による清酒券を用意するのもよいでしょう。清酒券は大容量日本酒との引き換えを想定しているので額面が高いですが、ビール券同様汎用性が高いので、ぜひ検討してみてください。